当協会は
農林水産省主催外国人研修制度受講者の
研修者を受け入れております。

日本滞在ビザ・渡航移動費用・
定額の研修費用・研修中の
食事等が受けられます。


農林水産省
日本食普及事業としての
約8ヶ月間研修(日本滞在)
1ヶ月目 東京・日本語学校で受講
2ヶ月目 京都・調理師学校で受講
3ヶ月目

6ヶ月目
レストラン研修

研修修了時、京都にて
日本食調理師認定試験があります。

当期間の認定は最高位が
シルバーメダルです。

農林水産省 日本の食文化海外普及人材育成事業について
農林水産省
日本の食文化海外普及人材育成事業について


当協会 受入受講者

  • 2020

    新型ウイルスの影響により
    開催中止

  • 2019

    Wing Kin Samuel Cheng

    Wing Kin Samuel Cheng

    香港

    農林水産省 調理技能認定制度 シルバー

    香港より参加。
    現在、香港で活躍。

  • 2018

    Willian Hidekig

    Willian Hideki

    ブラジル

    農林水産省 調理技能認定制度 シルバー

    ブラジルより参加。
    現在サンパウロにてテイクアウトショップを経営。

  • 2017

    Amano Celso Hideji

    Amano Celso Hideji

    ブラジル

    農林水産省 調理技能認定制度 シルバー

    ブラジルより参加。
    現在、ビザを取得後、日本の有名すし店のスタッフとして活躍

  • 2016

    Toshi Kawanami

    Toshi Kawanami

    ブラジル

    農林水産省 調理技能認定制度 シルバー

    ブラジルより参加。
    ブラジルサンパウロ キノシタ総料理長。

WSSI レストラン研修制度

  • 調理業務を 3 年以上している者であること。

    未経験者・初心者は受け入れない。
  • 国籍が日本国以外で研修を希望する者。

  • 研修期間は 1 ヶ月・2 か月・3 か月以内であること。

    長期希望者は再度の来日を認める。
  • 研修費用

    1ヶ月 ¥200,000/ 2ヶ月 ¥300,000 / 3ヶ月 ¥400,000
    すし知識認証制度講習・受講費用含む。

    期間中技量に応じて KUROOBI の技術習得につながる指導をする。
    黒帯検定受験は任意(期間中の試験費用は 20,000 円) 滞在中の住居費・レストラン内での食費は無料。

    ※WSSI レストラン研修を受けたもので、再度日本に滞在し短期間で、レベルアップなどの 勉強をする者に対しての費用負担は無し。
    宿泊も空いていれば使用可能
  • 日本の基本調理知識及び技術を学ぶことを目的とする。

  • 通常の営業中に上記を学び習得すること。

  • 本人の技量に応じて指導を行う。

    基本的に魚の仕込み・にぎりと巻物の研修・調理道具の扱い方など黒帯講習会に準じた 実技指導を行う。
  • 別途、農林水産省日本食普及事業の技術認定は、国際すし知識認証協会に於いても行うことが出来る。

    条件は日本滞在。
    1年以上の場合の最高位シルバー認定とする
    3年以上の場合の最高位ゴールド認定とする
    技術認定証

WSSI レストラン研修出身者

KUROOBI

すし知識海外認証制度試験に
合格した者が受験できます。

五級から一級、
初段(壱段)、二段、三段と、
要技習得クラスから、調理長クラス、
そして指導者クラスの技術者であることが
認められる試験です。

合格者には、すし技能KUROOBI認定書、
(2021年より)KUROOBIバッチが授与されます。

KUROOBI 認定書
KUROOBI バッジ

KUROOBI 合格者

  • Marek Hora Marek Horaチェコ
  • Alon Than Alon Thanポーランド
  • Vladimir Pak Vladimir Pakロシア
  • Chang,Chia-Hsiang Chang,Chia-Hsiang台湾

WSS 会員紹介

  • YAMASA
  • HASEGAWA
  • NORWEGIAN SEAFOOD COUNCIL
  • キューピー醸造
  • 青木刃物製作所
  • ナニワ研磨工業株式会社
  • 大塚薬品工業株式会社
  • オカモト株式会社
  • 株式会社 万城食品
  • Japanny
  • 清助刃物
  • 藍久
  • 金印
  • Mizkan
  • True World Japan
  • 二宮クリスタル
  • 株式会社吉田喜九州
  • 命に感謝 UZUMAKI